powered by CADENAS

Social Share

Amazon

二進指数え法 (5078 views - Mathematics)

二進指数え法(にしんゆびかぞえほう)は、二進法と指を使って数える方法である。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

二進指数え法

二進指数え法

二進指数え法(にしんゆびかぞえほう)は、二進法を使って数える方法である。

概要

桁上がりの原理を使用した指数え方法の一つ。主に右手を使用する。親指を一の位、以下小指に向かい十六の位として、指を折った状態を0、伸ばした状態を1として数える。(例:親指、薬指を伸ばす → 01001 → 9)左手は、三十二から五百十二の位までを数える。

これを利用することにより、片手で 5 までしかカウントできないのが、11111(2)=31(10)へと広がる。同じく桁上がりの原理を使用する六進指数え法では両手で55(6)=100011(2)=35(10)までだが、二進指数え法では両手で1111111111(2)=4423(6)=1023(10)までカウントできる。

右手

左手

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "二進指数え法", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Mathematics

Mathematics, math, calculation, technology