powered by CADENAS

Social Share

Amazon

宇宙論 (8757 views - Astronomy & Space )

宇宙論(うちゅうろん、英: cosmology)とは、「宇宙」や「世界」などと呼ばれる人間をとりかこむ何らかの広がり全体、広義には、それの中における人間の位置、に関する言及、論、研究などのことである。 宇宙論には神話、宗教、哲学、神学、科学(天文学、天体物理学)などが関係している。 「Cosmology コスモロジー」という言葉が初めて使われたのはクリスティアン・ヴォルフの 『Cosmologia Generalis』(1731)においてであるとされている。 本項では、神話、宗教、哲学、神学などで扱われた宇宙論も幅広く含めて扱う。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

宇宙論

宇宙論

宇宙論(うちゅうろん、: cosmology)とは、「宇宙」や「世界」などと呼ばれる人間をとりかこむ何らかの広がり全体[1]、広義には、それの中における人間の位置、に関する言及、論[2]、研究などのことである。

宇宙論には神話宗教哲学神学科学天文学天体物理学)などが関係している。

「Cosmology コスモロジー」という言葉が初めて使われたのはクリスティアン・ヴォルフの 『Cosmologia Generalis』(1731)においてであるとされている。

本項では、神話、宗教、哲学、神学などで扱われた宇宙論も幅広く含めて扱う。

概論

古代においても、人間は自身をとりかこむ世界について語っていた。

古代インドではヴェーダにおいて、「無からの発生」や「原人による創造」といった宇宙創生論が見られ、後には「繰り返し生成・消滅している宇宙」という考え方が現れたという。

古代ギリシャにおいては、エウドクソスカリポスアリストテレスらが、地球中心説を構築した。アリストテレスは celestial spheres は永遠不変の世界で、エーテルを含んでいる、と考えた。

ヨーロッパ中世スコラ哲学においても、アリストテレス的な宇宙論が採用された。

ヨーロッパにおいては19世紀ごろまで、宇宙論は形而上学の一分野とされ、自然哲学において扱われていた[3]

現在の自然科学の宇宙論につながるそれは、天体は地上の物体に働いているのと同じ物理法則に従っていることを示唆するコペルニクスの原理と、それらの天体の運動の数学的理解を初めて可能にしたニュートン力学に端を発している。これらは現在では天体力学と呼ばれている。

現代の宇宙論は20世紀初めのアルベルト・アインシュタインによる一般相対性理論の発展と、非常に遠い距離にある天体の観測技術の進歩によって始まった。

天文学・宇宙物理学における宇宙論は、我々の宇宙自体の構造の研究を行なうもので、宇宙の生成と変化についての根本的な疑問に関連している。

20世紀には宇宙の起源について様々な仮説を立てることが可能になり、定常宇宙論ビッグバン理論、あるいは振動宇宙論などの説が提唱された。

1970年代ころから、多くの宇宙論研究者がビッグバン理論を支持するようになり、自らの理論や観測の基礎として受け入れるようになった。

宇宙論の歴史

古代インド

ヴェーダ(紀元前1000年頃から紀元前500年頃)の時代から、すでに無からの発生、原初の原人の犠牲による創造、苦行の熱からの創造、といった宇宙生成論がある、という。また、地上界空界天界という三界への分類もあったという[4]

後の時代、繰り返し生成・消滅している宇宙という考え方が成立したという[4]。これには(ごう、カルマン)の思想が関連しているという[4]

この無限の反復の原因は、比較的初期の仏教においては、衆生の業の力の集積として理解されていた[4]という。それが、ヒンドゥー教においては、創造神ブラフマーの眠りと覚醒の周期として表象されるようになったという(ブラフマーは後にヴィシュヌに置き換わった)[4]

様々な神話

世界各地には、神によって世界が作られたとする言及、物語、説が多数存在する。それらは創造神話創世神話とも呼ばれている。

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "宇宙論", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Astronomy & Space

planet,jupiter,erath,mars,venus,moon,astronomy