powered by CADENAS

Social Share

Samsung Galaxy S6 (12951 views - Consumer products)

Samsung Galaxy S6 、Galaxy S6 edge 、Galaxy S6 edge+ は、サムスン電子によって開発されたAndroidスマートフォンである。2015年3月1日に発表、4月10日に世界20か国で発売された。 Galaxy S5の後継機種であるが、原点回帰のためゼロから開発を見直した。Galaxy S6 edge , Galaxy S6 edge + は、Galaxy Note Edgeでも採用された曲面ディスプレイを、左右の側面に採用している。 背面にもGorilla Glass 4を採用し、ガラスの間に挟まれている偏光フィルムにより、光の当たり具合によって見え方が変わる。また、従来のGalaxyシリーズとは異なり、バッテリーの取り外し・交換はできず、microSDカードスロットも搭載されていない。ワイヤレス充電規格のqi(おくだけ充電)およびパワー・マターズ・アライアンス(PMA)に対応している。 日本では、Galaxy S6とGalaxy S6 edgeが発売された。Galaxy S6 edge+は日本未発売である。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Samsung Galaxy S6

Samsung Galaxy S6

サムスン電子 > Samsung Galaxy > Samsung Galaxy S6
Samsung Galaxy S6
Samsung Galaxy S6 edge
Samsung Galaxy S6 edge+
コードネーム Project Zero[1]
製造者 Samsung Electronics
キャッチコピー Next is Now[2]
シリーズ Galaxy S series
モデル SM-G920x
SM-G925x (edge)
SM-G928x (edge+) [3]
販売開始日 2015年4月10日(3年前) (2015-04-10
先代機 Samsung Galaxy S5
フォームファクタ Touchscreen smartphone
形状 Slate
寸法 S6:
  • 143.4 mm (5.65 in) H
  • 70.5 mm (2.78 in) W
  • 6.8 mm (0.27 in) D
S6 edge:
  • 142 mm (5.6 in) H
  • 70.1 mm (2.76 in) W
  • 7 mm (0.28 in) D
S6 edge+:
  • 154.4 mm (6.08 in) H
  • 75.8 mm (2.98 in) W
  • 6.9 mm (0.27 in) D
重量

S6: 138 g (4.9 oz) S6 edge: 132 g (4.7 oz)

S6 edge+: 153 g (5.4 oz)
OS S6/S6 edge: Android 5.0.2 "Lollipop"
S6 edge+: Android 5.1.1 "Lollipop"
CPU Exynos 7420
GPU Mali-T760 MP8
メインメモリ S6/S6 edge: 3GB LPDDR4
S6 edge+: 4GB LPDDR4
ストレージ 32, 64, or 128 GB
電池
  • S6: 2,550 mAh
  • S6 edge: 2,600 mAh
  • S6 edge+: 3,000 mAh
ディスプレイ S6/S6 edge 5.1 in (130 mm) 2560x1440 pixel (577 Pixels per inch) Quad HD Super AMOLED
S6 edge+ 5.7 in (140 mm) 2560x1440 pixel (518 Pixels per inch) Quad HD Super AMOLED
背面カメラ 16 megapixel, f/1.9, 2160p@30 frames per second (fps), 1080p@60fps, 720p@120fps, Auto HDR, optical image stabilization, tracking autofocus, manual focus, LED flash
前面カメラ 5 MP, 1440p@30fps, dual video call, Auto HDR
ウェブサイト www.galaxymobile.jp/galaxy-s6-edge/

Samsung Galaxy S6Galaxy S6 edgeGalaxy S6 edge+ は、サムスン電子によって開発されたAndroidスマートフォンである。2015年3月1日に発表[4][5]、4月10日に世界20か国で発売された。

Galaxy S5の後継機種であるが、原点回帰のためゼロから開発を見直した[6]。Galaxy S6 edge , Galaxy S6 edge + は、Galaxy Note Edgeでも採用された曲面ディスプレイを、左右の側面に採用している。

背面にもGorilla Glass 4を採用し、ガラスの間に挟まれている偏光フィルムにより、光の当たり具合によって見え方が変わる。また、従来のGalaxyシリーズとは異なり、バッテリーの取り外し・交換はできず、microSDカードスロットも搭載されていない。ワイヤレス充電規格のqi(おくだけ充電)およびパワー・マターズ・アライアンス英語版(PMA)に対応している。

日本では、Galaxy S6とGalaxy S6 edgeが発売された。Galaxy S6 edge+は日本未発売である。

Galaxy World Tour 2015 TOKYO

サムスン電子ジャパンは4月8日、都内で「Galaxy World Tour 2015 TOKYO」を開催し、「Galaxy S6」と、その派生モデルで曲面ディスプレイを搭載する「Galaxy S6 edge」を国内で初めて披露した。また、NTTドコモ代表取締役副社長の吉澤和弘KDDI代表取締役社長の田中孝司からビデオメッセージが寄せられた[7]

ファッションショーも行われ、筧美和子飯豊まりえ尾崎美紀志田友美らが登場した[8][9][10][11]

日本向けモデル

脚注

[ヘルプ]

出典

  1. ^ Samsung Galaxy S6 hands-on: Meet the smartphone to beat in 2015”. BGR. 2015年3月1日閲覧。
  2. ^ Samsung 'eclipses' rivals with Galaxy S6 campaign”. Marketing Magazine. 2015年3月20日閲覧。
  3. ^ http://www.samsung.com/us/mobile/cell-phones/SM-G920TZKATMB
  4. ^ サムスン、左右両端が丸みを帯びた「Galaxy S6 edge」を発表 ケータイ Watch 2015年3月2日
  5. ^ 「GALAXY S6」発表 両側面にカーブディスプレイ「GALAXY S6 Edge」も登場 IT media 2015年3月2日
  6. ^ サムスン担当者が語る「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」の特徴 ケータイ Watch 2015年3月2日
  7. ^ “「GALAXY」から「Galaxy」へ――サムスンが「Galaxy S6/S6 edge」で目指す新しい世界”. ITmedia. (2015年4月8日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1504/08/news156.html 2018年3月25日閲覧。 
  8. ^ “筧美和子、色白素肌際立つ夏スタイル披露 プライベートショットも公開”. モデルプレス. (2015年4月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1479481 2018年3月25日閲覧。 
  9. ^ “飯豊まりえ、美脚のぞく大人スタイル 筧美和子とペットトークも”. モデルプレス. (2015年4月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1479525 2018年3月25日閲覧。 
  10. ^ “Galaxy発表会”. 尾崎美紀オフィシャルブログ(アメーバブログ. (2015年4月15日). https://ameblo.jp/miki-ozaki/entry-12014733740.html 2018年3月25日閲覧。 
  11. ^ “「Popteen」志田友美、美脚あらわなミニワンピでキュートなランウェイ”. モデルプレス. (2015年4月8日). https://mdpr.jp/gal/detail/1479530 2018年3月25日閲覧。 

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "Samsung Galaxy S6", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Consumer products

.max, Maya, Challenge, Competition, Rendering, 3D, Blender, Autodesk Maya, 3D Studio MAX (.3DS, .MAX), Maxwell, Animation, 3D Model, Autodesk Softimage, Cinema 4D, Rendering, Animation, 3Dartist, c4d, maxon, lowpoly, 3Dart, blender3D, 3D library