powered by CADENAS

Social Share

ムスクキシレン (10305 views - Material Database)

ムスクキシレン(ムスクキシロールとも。英: Musk xylene)は、合成ムスクの一種。
Go to Article

ムスクキシレン

ムスクキシレン

ムスクキシレン
ムスクキシレン[1]
識別情報
CAS登録番号 81-15-2 
PubChem 62329
ChemSpider 56123 
EINECS 201-329-4
国連/北米番号 2956
KEGG C19462 
MeSH musk+xylene
ChEBI CHEBI:77320 
ChEMBL CHEMBL228513 
特性
化学式 C12H15N3O6
モル質量 297.26 g mol−1
精密質量 297.096085227 g mol−1
外観 黄色の結晶
匂い ムスク香
融点

110 °C, 383 K, 230 °F

への溶解度 150 ng dm−1
溶解度 アルコールに微溶、プロピレングリコールグリセリンに難溶、調合香料に可溶[3]
log POW 4.369
蒸気圧 9.7 mPa (at 40 °C)
危険性
EU分類 E Xn N
EU Index 609-068-00-1
Rフレーズ R2, R40, R50/53
Sフレーズ (S2), S36/37, S46, S60, S61
引火点 2℃
発火点 305–341 °C
関連する物質
関連するニトロムスク ムスクアンブレット
ムスクケトン
関連物質 トリニトロトルエン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ムスクキシレン(ムスクキシロールとも。: Musk xylene)は、合成ムスクの一種。

用途

光により変色する性質があるものの安価で香りが強く、石鹸用など多くの調合香料に使われたが、生分解性の低さによる生物蓄積の懸念から1980年代を境に消費量が減少し、欧州連合ではREACHの規制を受け、日本でも使用が不可となっている[3]

製法

メタキシレンから塩化アルミニウムを触媒としたフリーデル・クラフツ反応により2-クロロ-2-メチルプロパンまたはイソブテンで5位にtert-ブチル基を導入し、硝酸硫酸混酸ニトロ化し、粗生成物を95%のエタノール再結晶化して得られる[4]

安全性

ニトロ化合物であり、日本の消防法では危険物第5類(自己反応性物質)に分類される[5]国際がん研究機関は本物質の発癌性グループ3(ヒトに対する発癌性が分類できない化学物質)としている。

脚注

  1. ^ Section 1.3, European Union Risk Assessment Report (2005), pp. 6–7.
  2. ^ musk xylene - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2005年3月26日). 2011年10月28日閲覧。
  3. ^ a b 『合成香料』
  4. ^ 『香料の物質工学』
  5. ^ 5-tert-ブチル-2,4,6-トリニトロ-m-キシレン東京化成工業

参考文献



This article uses material from the Wikipedia article "ムスクキシレン", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Material Database

database,rohs,reach,compliancy,directory,listing,information,substance,material,restrictions,data sheet,specification