powered by CADENAS

Social Share

工作機械 (16292 views - Tooling)

工作機械(こうさくきかい、英: machine tool)は、金属、木材、石材、樹脂等に切断、穿孔、研削、研磨、圧延、鍛造、折り曲げ等の加工を施すための機械である。一般に加工対象物または工具の運動(回転または直線移動)によって、加工対象物を削り取り目的の形状に加工する。工作機械を構成する要素は3つあり、加工対象物または工具に運動を与える動力、動力を特定の運動に変える案内機構、加工対象物を削り取る加工工具からなる。 おもな工作機械として、旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、歯切り盤、研削盤などがある。 近年では、数値制御を行うNC加工で、機械加工を自動化した工作機械が主流である。また、機械加工以外の作業も自動化するために、工具と加工対象物を自動で交換するATC・APCを搭載するものがある。これらの機能を搭載した工作機械は「マシニングセンタ」「ターニングセンタ」などと呼ばれている。
Go to Article

工作機械

工作機械

工作機械(こうさくきかい、: machine tool)は、金属木材石材、樹脂等に切断、穿孔、研削、研磨圧延鍛造、折り曲げ等の加工を施すための機械である[1]。一般に加工対象物または工具の運動(回転または直線移動)によって、加工対象物を削り取り目的の形状に加工する。工作機械を構成する要素は3つあり、加工対象物または工具に運動を与える動力、動力を特定の運動に変える案内機構、加工対象物を削り取る加工工具からなる。 おもな工作機械として、旋盤ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、歯切り盤、研削盤などがある。

近年では、数値制御を行うNC加工で、機械加工を自動化した工作機械が主流である。また、機械加工以外の作業も自動化するために、工具と加工対象物を自動で交換するATC[2]・APC[3]を搭載するものがある。これらの機能を搭載した工作機械は「マシニングセンタ」「ターニングセンタ」などと呼ばれている。

工作機械の歴史

工作機械が劇的に発展したのは 、14世紀以降で、これはまず14世紀の機械時計の発明によって加工精度が必要になったためである。しかし、機械時計は対象物が小さく、比較的大きな物に対する工作機械が登場するのは18世紀蒸気機関の発明により、ピストンやシリンダを高精度に加工する時代まで待たないといけない。

20世紀後半になるとコンピュータの発明により、工作機械の自動制御化 (ロボット化) が進められた。

工作機械の種類

参考文献

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 意匠分類定義カード(K7) 特許庁
  2. ^ : automatic tool changer
  3. ^ : automatic pallet changer
  4. ^ : lathe
  5. ^ : tool bit
  6. ^ : turret lathe
  7. ^ : milling machine
  8. ^ : milling cutter
  9. ^ : shaping machine
  10. ^ : planer
  11. ^ : drilling machine
  12. ^ : reamer
  13. ^ : boring machine
  14. ^ : electrical discharge machine
  15. ^ : broaching machine
  16. ^ : gear cutting machine
  17. ^ : gear hobbing machine
  18. ^ : gear shaping machinegear shaper
  19. ^ : grinding machine
  20. ^ : machining centerCNC milling machine
  21. ^ : electro chemical machining、ECM
  22. ^ : electro chemical deburring machining、ECDまたはECDM

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "工作機械", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Tooling

tooling,tool,drill,cam,manufacturing