powered by CADENAS

Social Share

戦争をしないで恋をしよう (12004 views - History & Epochal Times)

戦争をしないで恋をしよう、Make love, not warは、特に1960年代の対抗文化と結びついた反戦運動の標語である。主にベトナム戦争への反対の文脈で唱えらえ、それ以降は他の反戦の状況でも唱えられている。 Make loveの部分は、アメリカの若者の間で育まれた自由恋愛の実践のために掲げられ、戦争や伝統的な資本主義の文化を支持する人々における道具としての結婚を非難した。 この標語の起源は不明である:この標語の考案者であると主張する者は、ガーション・レグマン、アメリカの歌手ロッド・マッケン、など様々である。 過激派の活動家ペネロペおよびフランクリン・ローズモント(Penelope & Franklin Rosemont)、トール・フェーガー(Tor Faegre)は標語の大衆化に一役買った。彼らはイリノイ州シカゴのソリダリティ書店にて、この標語 Make Love Not Warのバッジを印刷し、1965年3月の、母の日平和行進にて配布した。それが、この標語が印刷された初出である。 1965年4月、オレゴン州ユージーンでのベトナム反戦デモにおいて、当時オレゴン大学の上級職であったダイアン・ニューエル・メイヤー(Diane Newell Meyer)の、彼女のセーターには Let's make love, not war との手書きの標語がつけられており、この標語が大衆化されはじめたことが分かる。メイヤーがそれを身に着けた写真はEugene Register-Guardに掲載され、1965年5月9日の『ニューヨークタイムズ』にも関連記事が掲載された。 1967年カルフォルニアでこの標語が使われたとき、ロナルド・レーガン知事は、抗議者たち対して「君らには、どちらもできまい」と冗談を飛ばした。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

戦争をしないで恋をしよう

戦争をしないで恋をしよう

戦争をしないで恋をしよう[1]Make love, not warは、特に1960年代の対抗文化英語版と結びついた反戦運動の標語である。主にベトナム戦争への反対英語版の文脈で唱えらえ、それ以降は他の反戦の状況でも唱えられている。[2][3] Make loveの部分は、アメリカの若者の間で育まれた自由恋愛の実践のために掲げられ、戦争や伝統的な資本主義の文化を支持する人々における道具としての結婚を非難した[4]

この標語の起源は不明である:この標語の考案者であると主張する者は、ガーション・レグマン英語版[5][6]、アメリカの歌手ロッド・マッケン英語版[7]、など様々である。

過激派の活動家ペネロペおよびフランクリン・ローズモント(Penelope & Franklin Rosemont)、トール・フェーガー(Tor Faegre)は標語の大衆化に一役買った。彼らはイリノイ州シカゴのソリダリティ書店にて、この標語 Make Love Not Warのバッジを印刷し、1965年3月の、母の日平和行進にて配布した。それが、この標語が印刷された初出である。[8] 1965年4月、オレゴン州ユージーンでのベトナム反戦デモにおいて、当時オレゴン大学の上級職であったダイアン・ニューエル・メイヤー(Diane Newell Meyer)の、彼女のセーターには Let's make love, not war との手書きの標語がつけられており、この標語が大衆化されはじめたことが分かる。メイヤーがそれを身に着けた写真はEugene Register-Guard英語版に掲載され、1965年5月9日の『ニューヨークタイムズ』にも関連記事が掲載された。

1967年カルフォルニアでこの標語が使われたとき、ロナルド・レーガン知事は、抗議者たち対して「君らには、どちらもできまい」と冗談を飛ばした[9]

出典

  1. ^ この訳出はおおえまさのりによるものであり以下に確認できる:おおえまさのり 『エロスの第三世界』 幻覚共同体出版、1970年、17頁。しかしまたこれは500部限定の古い希少書であり、その検証は以下によって間接的になされた:「気流舎秘蔵書御開帳」、『気流舎Zine』第1号、2013年10月10日、 4-7頁。
  2. ^ Fattig, Paul. “Make Love, Not War! coined in Ashland”. Medford Mail Tribune. オリジナル2014年2月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140226162426/http://sixties-l.blogspot.com/2010/08/make-love-not-war-coined-in-ashland.html 2010年8月15日閲覧。 
  3. ^ Levitas, Mitchel (1965年5月9日). “Article 9 -- No Title; Vietnam Comes to Oregon U. Vietnam Comes to Oregon U.”. New York Times. https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9D03E6D61F38E13ABC4153DFB366838E679EDE&legacy=true 
  4. ^ Emma Goldman:People & Events: Free Love PBS.org, Accessed February 3, 2014
  5. ^ Dudar, H., "Love and death (and schmutz): G. Legman's second thoughts," Village Voice, May 1, 1984, pp. 41-43.
  6. ^ Scott, Janny: "Gershon Legman, Anthologist of Erotic Humor, Is Dead at 81", The New York Times, March 14, 1999. URL last accessed 2014-05-01.
  7. ^ McKuen, R. : Flight Plan March 14, 2005. URL last accessed 2014-05-01.
  8. ^ Rosemont, Penelope. Dreams and Everyday Life: A Sixties Notebook. Chicago: Charles H. Kerr, 2008:40-41.
  9. ^ D'Souza, Dinesh: Ronald Reagan: How an Ordinary Man Became an Extraordinary Leader, p. 71, Simon and Schuster 1999, 0684848236.

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "戦争をしないで恋をしよう", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

History & Epochal Times

3D,model,library,rendering,Inca,Maya,Egypt,Pyramids,Bible, Quoran,Gizeh,Greek,Ancient,Medival Times, Stone Age