powered by CADENAS

Social Share

Amazon

筆箱 (6442 views - Consumer products)

筆箱(ふでばこ)とは、鉛筆、シャープペンシル、消しゴム、定規などを入れる物である。筆入れ(ふでいれ)、ペンケースとも称される。 主に学校へ筆記用具を持っていくために使用する。昭和40年代には小学生向きに電子ロック(実際は磁石を用いた開閉ロック機構)なる製品が登場し、裏表に開閉扉が付くもの、扉にシャッター機構を採用し一瞬に開くものなどが登場し、昭和50年代には変形する等、筆箱の玩具化が目立った時期もあった。しかしそれは後に子供の価値観が変化して行く時代の推移に伴い衰退している。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

筆箱

筆箱

筆箱

Licensed under Creative Commons Attribution 3.0 (Honza Groh).

筆箱(ふでばこ)とは、鉛筆シャープペンシル消しゴム定規などを入れる物である。筆入れ(ふでいれ)、ペンケースとも称される。

主に学校筆記用具を持っていくために使用する。昭和40年代には小学生向きに電子ロック(実際は磁石を用いた開閉ロック機構)なる製品が登場し、裏表に開閉扉が付くもの、扉にシャッター機構を採用し一瞬に開くものなどが登場し、昭和50年代には変形する等、筆箱の玩具化が目立った時期もあった。しかしそれは後に子供の価値観が変化して行く時代の推移に伴い衰退している。

構造

かつてはセルロイドによるものが多かった。ブリキ製のものも伝統的で現在も一定数の金属製のものがある(カンペンと呼ぶ)。現在はプラスチック製の箱や製の物がほとんどである。他にポリ塩化ビニル製や皮革人造皮革もある。

形式も様々で、伝統的なものは弁当箱のような入れ子式の蓋を持つもので、中には鉛筆を入れるしきりなどがある。布製のものは横に長い財布のような構造で入れ口はファスナーで開閉する。ビニール製のものでできている


材質

閉じ口

  • 金属製やポリ塩化ビニル
    • 蝶番 
    • 磁石
  • 革・布
    • ファスナー
    • ベルト

鉛筆削りを内蔵したもの、キャラクターブランド名の入ったものもある。

著名なメーカー

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "筆箱", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Consumer products

.max, Maya, Challenge, Competition, Rendering, 3D, Blender, Autodesk Maya, 3D Studio MAX (.3DS, .MAX), Maxwell, Animation, 3D Model, Autodesk Softimage, Cinema 4D, Rendering, Animation, 3Dartist, c4d, maxon, lowpoly, 3Dart, blender3D, 3D library