powered by CADENAS

Social Share

Amazon

高周波炉 (7614 views - Electrical Engineering)

誘導加熱(ゆうどうかねつ、英語: induction heating、IH)は、電磁誘導の原理を利用して電流を流して、発熱させることである。 誘導加熱は、中性雰囲気を必要とする鉄部品の加熱方式として欧米では先に普及し、日本では新しい調理器具の加熱方式として家庭の中でも普及しつつあり、これを利用した調理器具を電磁調理器(IH調理器)という。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

高周波炉

高周波炉

誘導加熱(ゆうどうかねつ、英語: induction heating[1]IH)は、電磁誘導原理を利用して電流を流して、発熱させることである。

誘導加熱は、中性雰囲気を必要とする鉄部品の加熱方式として欧米では先に普及し、日本では新しい調理器具加熱方式として家庭の中でも普及しつつあり、これを利用した調理器具を電磁調理器(IH調理器)という。

誘電加熱と誘導加熱

電子レンジの原理であるマイクロ波加熱などの誘電加熱は、誘電体である不導体を加熱するもので、誘導加熱とは原理が異なる。誘電加熱、誘導加熱のどちらも電磁(波)加熱である。電波を使う電磁波加熱を電波加熱高周波を使うものを高周波加熱英語版という。

原理

導線交流電流を流すと、その周りに向き、強度の変化する磁力線が発生する。その近くに電気を通す物質(通常は金属)を置くとこの変化する磁力線の影響を受けて、金属の中に渦電流が流れる。金属には通常電気抵抗があるため、金属に電流が流れると、電力=電流2×抵抗 分のジュール熱が発生して、金属が自己発熱する。この現象を誘導加熱という。変圧器磁気ヘッドのコアに生ずる誘導加熱は損失(ヒステリシス損)だが、熱を積極的に利用すれば、調理器具等に利用することができる。効率を上げるため、導線をコイル状にするのが一般的である。

通常の誘導加熱ではコイルの真中に金属を置くが、IH調理器の場合は構造上コイルの上に金属が置かれる(上図参照)。

誘導加熱の応用

一般家庭での応用

産業界での応用

以下の領域で利用され、作業員について就労制限特殊健康診断の対象でもなく、電磁波に起因する安全性については問題ないとされている。

  • 溶接 - 高周波誘導溶接(高周波誘導圧接)で使われる
  • 溶解
  • 焼きばめ - シャフトにリング状の物を強固にはめ込む際リングを短時間で全体を高温に加熱させシャフトへはめる
  • 焼入れ - 高周波焼入れで使われる
  • はんだ付け
  • 誘導加熱ろう付け
  • 合成樹脂製建物防水シートの機械固定工法
  • 電子管等のゲッタの形成

脚注

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "高周波炉", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Electrical Engineering

EPLAN, Aucotec, CAE, AutoCAD Electrical, IGE XAO, ElCAD, 2D drawings, 2D symbols, 3D content, 3D catalog, EPLAN Electric P8, Zuken E3, schematics, dataportal, data portal, wscad universe, electronic, ProPanel3D, .EDZ, eClass Advanced, eCl@ss Advanced