powered by CADENAS

Social Share

Amazon

発熱体 (7287 views - Electrical Engineering)

発熱体(はつねつたい)とは、電気を熱(ジュール熱)へ変換する物質のことである。 多くの発熱体では、ニクロム80/20(80%ニッケル、20%クロム)でできたワイヤーやリボン、ストリップを用いている。ニクロム80/20は発熱体としては理想的な材料である。なぜなら比較的高い抵抗を持ち、最初に加熱されるとクロム酸化物の付着層を形成するからである。この層より下にある物質は酸化されないため、ワイヤーを守ることができる。 抵抗線:直線状やコイル状のワイヤーやリボンで、トースターやヘアドライヤーなどに用いられている。一般的なワイヤーを以下に示す。 カンタル (FeCrAl) ワイヤー ニクロム 80/20ワイヤー 白銅 (CuNi) 合金(低温用に用いられる) 二ケイ化モリブデン(MoSi2、ケイ化モリブデン) Alドープ二ケイ化モリブデン、Mo(Si,Al)2 炭化ケイ素 白金
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

発熱体

発熱体

発熱体(はつねつたい)とは、電気ジュール熱)へ変換する物質のことである。

多くの発熱体では、ニクロム80/20(80%ニッケル、20%クロム)でできたワイヤーやリボン、ストリップを用いている。ニクロム80/20は発熱体としては理想的な材料である。なぜなら比較的高い抵抗を持ち、最初に加熱されるとクロム酸化物の付着層を形成するからである。この層より下にある物質は酸化されないため、ワイヤーを守ることができる。

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "発熱体", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Electrical Engineering

EPLAN, Aucotec, CAE, AutoCAD Electrical, IGE XAO, ElCAD, 2D drawings, 2D symbols, 3D content, 3D catalog, EPLAN Electric P8, Zuken E3, schematics, dataportal, data portal, wscad universe, electronic, ProPanel3D, .EDZ, eClass Advanced, eCl@ss Advanced