powered by CADENAS

Social Share

Amazon

蛍光ペン (7657 views - Consumer products)

蛍光ペン(けいこうペン、英: highlighter)は、フェルトペンのうち、半透明の蛍光性インク(水性蛍光顔料インクなど)を用いたものである。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

蛍光ペン

蛍光ペン

蛍光ペン

Licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 (コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、Pengだと推定されます(著作権の主張に基づく)).

蛍光ペン(けいこうペン、: highlighter)は、フェルトペンのうち、半透明の蛍光インク(水性蛍光顔料インクなど)を用いたものである。

特徴

他の一般筆記用具で記した文字ないし印刷文字の上から、重要な語句などに重ねてラインを引く用途に用いるラインマーカーの一種である。半透明であるため重ね塗りされた文字を読みやすく、また蛍光色で目立つ。主に学生やビジネスマンに使用され[1]コクヨグループ会社が有職者を対象に2015年に実施した調査によれば約8割に使用されている[2]

蛍光ペンの色には主に、黄色黄緑色オレンジ色ピンク色水色空色)、紫色などがある。このうち特に黄色などの淡い色は、複写機のコピーに写りにくい性質があるが、これは複写機の読み取り機能や濃度設定にも左右される[3][4]

蛍光が穏やか、またはほとんど発しない色のラインマーカーも、慣習的に蛍光ペンとして扱われることがある。これらは蛍光のまぶしさを抑えた設計の製品としても存在すれば[5]、限られた色の蛍光物質を配合している製造上の理由によっても存在する(例えば三菱鉛筆の蛍光ペンでは黄色と桃色の蛍光物質を使用している[6])。

一部の蛍光ペンには、染料系インクゆえの耐光性の弱さや、溶媒成分が感熱紙を変色させる[7]といった問題があるが、改良によって、より耐光性の良い顔料系インクや、OA対応を謳う製品が開発されている[8]。その他、カートリッジインクを使用したものや、消去が可能な蛍光ペンも発売されている。

類似用途のものに固形蛍光マーカー[9]やテープ式蛍光マーカー[10]があり、ペン先の乾燥しにくさや裏抜けしにくさ、消しゴムで消せる(テープ式)といった特徴がある。

歴史

ドイツのスタビロ英語版によれば、1971年に同社が世界初の蛍光ペン「STABILO BOSS」を発売した[11]トンボ鉛筆によれば、1974年に同社が国産初の蛍光ペン「暗記ペン蛍光」を発売した[12]

ゼブラによれば、最初の太・細両頭の蛍光ペンは1975年に同社が発売した「蛍光ペン2」とされる[5]。このアイデアは同社の「ハイマッキー」開発にも活かされた。

存在する色

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

以上はおおよそ、初期から存在する順で、多くのメーカーの商品に存在する色だが、大体10色セットで売られるため、茶色・赤紫色・山吹色・青緑色の4色は内2色が販売されない(存在しない)場合が多い。

蛍光を抑えたゼブラの「マイルドライナー」では、以下のような独特な色も使われている。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ プレスリリース uni プロパス イレイサブル. 三菱鉛筆, 2004年11月2日.
  2. ^ 仕事中に使用する筆記具トップ3は、ボールペン、シャーペン、蛍光ペン. カウネットモニカ. カウネット, 2015年9月30日. 2016年5月4日閲覧.
  3. ^ 蛍光ペンについて. ゼブラ. 2016年5月3日閲覧.
  4. ^ コピーに写らない蛍光ペンを使いたい. 三菱鉛筆. 2016年5月3日閲覧.
  5. ^ a b くすきはいね. ゼブラの広報さんに、人気製品「マイルドライナー」の裏話を聞いてみた. マイナビニュース. マイナビ, 2015年3月18日. 2016年5月2日閲覧.
  6. ^ 蛍光ペンが光る原理を知りたい. 三菱鉛筆. 2016年5月2日閲覧.
  7. ^ Managing records on thermal papers. National Archives of Australia. 2016年5月3日閲覧.
  8. ^ マーキングペンの雑学. トンボ鉛筆. 2016年5月3日閲覧.
  9. ^ 納富廉邦. ノック式加圧機構ペンから固形インクの蛍光マーカーまで ビジネス向け筆記具のトレンド 2[トンボ鉛筆、オート編]. 日経トレンディネット. 日経BP, 2011年5月19日. 2016年5月4日閲覧.
  10. ^ 消しゴムで消せるテープ式蛍光マーカー. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社, 2015年7月29日. 2016年5月4日閲覧.
  11. ^ スタビロ筆記具の歴史. スタビロジャパン. 2016年5月3日閲覧.
  12. ^ マーキングペンの歴史. トンボKIDS. トンボ鉛筆. 2016年5月3日閲覧.

参考文献

  • 蛍光ペン. コトバンク. 朝日新聞社. 2016年5月5日閲覧.
  • highlighter. Merriam-Webster's Learner's Dictionary. Merriam-Webster. 2016年5月5日閲覧.
  • highlighter. The Free Dictionary. Farlex. 2016年5月5日閲覧.


This article uses material from the Wikipedia article "蛍光ペン", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Consumer products

.max, Maya, Challenge, Competition, Rendering, 3D, Blender, Autodesk Maya, 3D Studio MAX (.3DS, .MAX), Maxwell, Animation, 3D Model, Autodesk Softimage, Cinema 4D, Rendering, Animation, 3Dartist, c4d, maxon, lowpoly, 3Dart, blender3D, 3D library