powered by CADENAS

Social Share

Amazon

凹面鏡 (9773 views - Physics)

凹面鏡(おうめんきょう、英: concave mirror)は、湾曲した曲面の内側を鏡面とした鏡である。鏡像が拡大されるので拡大鏡として使われる。そのため、化粧鏡として一般的に出回っている。 鏡面が放物面の場合は、焦点から出た光は全て平行光線となり、平行に入射した光は焦点に集まる。つまり、凸レンズと同じ働きをする。前者の性質はサーチライトに応用され、後者の性質は反射望遠鏡や太陽炉に応用される。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

凹面鏡

凹面鏡

凹面鏡(おうめんきょう、: concave mirror)は、湾曲した曲面の内側を鏡面としたである。鏡像が拡大されるので拡大鏡として使われる。そのため、化粧鏡として一般的に出回っている。

鏡面が放物面の場合は、焦点から出た光は全て平行光線となり、平行に入射した光は焦点に集まる。つまり、凸レンズと同じ働きをする。前者の性質はサーチライトに応用され、後者の性質は反射望遠鏡太陽炉に応用される。

参考文献

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "凹面鏡", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Physics

Physics, science