powered by CADENAS

Social Share

Amazon

ウイングスーツ (10162 views - Transportation - Air Water Earth)

ウイングスーツ (Wingsuit) は、手と足の間に布を張った滑空用特殊ジャンプスーツである。ムササビスーツと呼ばれることもある。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

ウイングスーツ

ウイングスーツ

ウイングスーツ

ウイングスーツ (Wingsuit) は、手と足の間に布を張った滑空用特殊ジャンプスーツである[1]ムササビスーツと呼ばれることもある。

概要

1990年代中頃に、フランス人スカイダイバーのパトリック・デ・ガヤルドンによって考案された。1999年にはフィンランドのBIRDMAN社から世界初の市販ウイングスーツが発売された[2]。また飛行機の翼のようなタイプは「ウイングパック」 (WINGPACK) と呼ばれ、カーボンファイバーなどで出来た硬い翼を身に着けて滑空する。

ウイングスーツで飛ぶことを、“ウイングスーツフライング” または “スカイフライング” と呼び、ウイングスーツで飛ぶ人のことを、“ウイングスーツ・パイロット”、“ウイングスーター”、“スカイフライヤー” と呼ぶ。

スカイダイビングのように飛行機やヘリコプターにより上空からや、高い崖からの “BASEジャンピング” により飛び降り滑空する。空気抵抗を増やすだけでなく、揚力も発生するようになっている[3]

翼タイプの「ウイングパック」ではジェットエンジンなどの推進器を付けるなどして速度、飛行時間を増大させている。また軍事目的としても開発されている[4]

最高時速は200km以上に達し、着陸の際は、事前にパラシュートを開いて減速し着地する。

訓練

初めてのウイングスーツの使用には、ライセンスを持つ現役のスカイダイバーで500回以上の通常スカイダイビング経験、または最低200回以上の通常スカイダイビング経験とインストラクターの指導が必要である[5]

BASEジャンプからの事故は多く、毎年20人あまりが命を落としている[6]

記録

2009年11月12日、米国カリフォルニア州エルシノア市で、世界16ヶ国から集まったフライヤー68名によりウイングスーツ世界最多人数のフォーメーション飛行が行われ、米国公式記録として登録される。日本からは伊藤慎一が唯一参加[7]

2011年5月28日、米国カリフォルニア州にて、伊藤慎一がウイングスーツ世界最長飛行の自己記録を更新。高度32,000ft (9,754m) から降下し、23.1kmを2時間5分22秒で飛行した[8]。同時に、ウイングスーツでの最高水平速度世界記録363km/hも達成する[9]

2012年5月26日には、ウイングスーツ水平飛行距離26.9km[10]。総合飛行距離28.7kmを飛行し自己記録をさらに更新、通算5回の世界記録を達成する。 [11]

脚注

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "ウイングスーツ", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Transportation - Air Water Earth

3D,CAD,Model,Libary,Railway, Train, Ship, Marine, Submarine, Automotive, Locomotive, Bike, Car, Formula 1, Space, Aircraft, Aerospace, Satelite, Automobile, Yacht